富士山ミーティング

ツーリング(ミーティング)記録>>

 

mtfuji

Googleマップを直に見る>>

【最終更新日:2013.09.20】

 

突然の参加、日帰りでの参加、心よりお待ちしております。

参加表明は以下↓のコメントでお願いいたします。表明なしでの飛び入りも大歓迎です。

 

わたこおさん、125ccで参加決定!大阪南部から下道で会場まで走ります。

こおさん過積載

(おそらくこのような姿で走行)

下道コースは地図上の紫の線です。

コース詳細>>

 

【注意:特にはじめての方へ】

ものすごい大掛かりなイベントがあると想像し参加されると、きっと悲しい思いをされると思います。

ゆる~い集まりを想像し、参加いただければ間違いないと思います。

●持ち物

  • 一般的なキャンプでの持ち物を持ってきてください。
  • 自分が食べるだけの食料。
  • 虫さされ対策(虫よけスプレーなど)。

 

【日付】

9月21、22、23日

可能なときに紛れ込んでください。

 

【集合場所/宿営地】

田貫湖キャンプ場 http://tanukiko.com/

ここがミーティング会場となります。

予約は各自でお願いします。

※ テントサイトは当日の受付のみで、予約はできないようです。

※ キャンプ場の方にめろりーなのイベント・・・と言っても通じません。

※ 田貫湖キャンプ場は、9、10月は混むということです。

 

【予定】

9月20日(金)

9月21日(土)

  • パラパラと集合
  • 富士山宴会 その1

9月22日(日)

  • 富士山周辺ツーリング
  • 富士山宴会 その2

9月23日(月)

  • 解散

 

ツーリング(ミーティング)記録は『めろりーな10:富士山ミーティング』をご覧ください。

 

コメント

  1. 松田昌彦 より:

    仕事が終わってすぐに走り出し、激走。激走につぐ激走。
    途中隼を見かけたら牽引までしてもらい激走。
    夜10時に到着、ものすごいペースでビールを飲んで
    みんなに酔っ払いを追いつき、そして、倒れ、眠る。
    朝メシ食って、ありがとう、さようなら、と大きく手を振り
    帰路。激走。家に着き、倒れ、眠る、翌朝、何事もなかったように朝六時出勤

    このパターンで俺はいくぞ!!!

  2. ben より:

    何だか盛り上がってきましたね。
    ツーリング前の、この盛り上がりが大好きです。
    今回のツーリングも、めろりーなの掟に則って、現地集合、現地解散。「勝手にしろ」ってことでいいんじゃないですか。
    富士山登山する奴。 樹海に挑戦する奴。B級グルメの富士宮焼きそばを食らう奴。 勝手にやりましょう!

  3. めろりーな関東支部長 より:

    日本全土にどれだけの隠れめろりーながいるのか!
    関西か!関東か!はたまた北海道か九州か四国か。
    集結する場所に日本一の富士はふさわしい。
    松田昌彦の『あの』iphoneに映ろうではないか。
    この夏。熱い思い出を作ろう!安物のテントを持って富士に集合!

    ・・・・ってこんな感じでいいですか?(笑)

    カッチョイイ告知ビデオまた作って下さいよ(笑)

  4. ben より:

    富士山のイメージって、やっぱり小学生が絵に描くような雪をかぶった姿ではないでしょうか。夏の期間だとただの黒い山で魅力が半減です。  たっぷりの告知期間を設け、10月以降の秋キャンプも良いのではないでしょうか?
    キャンプ場は、無数に点在するので心配不要ですが
    、関西方面から東名高速で来ると、高速を降りて近い朝霧高原、田貫湖あたりがお勧めです。

  5. SUZURO より:

    >benさん
    なるほど、やっぱり雪のかぶった富士山がいいですね。
    その線でいきましょう!

  6. SUZURO より:

    「田貫湖キャンプ場」
    http://tanukiko.com/
    はどうでしょうか?

  7. めろりーな関東支部長 より:

    10月の三連休はすでに予定あり。
    できれば9月の三連休を希望・・です。
    ps
    大昔、田貫湖キャンプ嬢に逝ったことあります。
    なかなか良かったですよ

  8. 松田昌彦 より:

    上記【主なイベント】の富士山登頂アタックの下の、わざとに小さい文字にしてあるイベントですが、まさに真っ向勝負という事ですね。太陽の子である我々の太陽を、正々堂々、正面きって相対させるって事かあ。かっこいいなあ。ドゥーアズローマンズドゥーということわざを知っている知的な外国人登頂者の方々が一緒にやってくれて、本国へ帰ってブログとかに書いたら日本文化がまた間違って伝わる事になって大変だけれども、僕らのせいではない事にしたい

  9. ben より:

    ブログで「富士山」を検索すると、ま~色々な人がいますね(驚)。
    365日、毎日登頂する人。1日に2往復する人。平日の出勤前に登頂する人・・・・。
    凡人の私には考えられませんが、「めろりーな」流に敬意を表し太陽の子を勝負させましょう(笑)。

  10. めろりーな関東支部長 より:

    私は関東の人間なので富士山はわりと身近に感じております。
    家の窓を開ければ富士山が見えます。
    関西方面の人達って富士山はどんな位置付けなんでしょうか?

  11. SUZURO より:

    >めろりーな関東支部長さん
    「窓を開ければ富士山が見える」ってのはいいですね~

    生まれも育ちも関西の私には
    富士山は「特別に見るもの」って感じです。

    富士山の世界遺産登録!
    いよいよ、この富士山ツーリングも話を進めなければ
    なりませんね!

  12. 松田昌彦 より:

    俺なんかそもそも富士山自体を見た事がありませんからね。これはね、普通に感動すると思うんです。俺が20年ぐらいずっとやりたかったことの一つにひかり号から富士山を見て東京でメガネにカメラぶら下げで、はとバスに乗り、おのぼりさんをやってみたいということなんです。東京タワーや雷門を見たり、島倉千代子さんが歌ったように二重橋で記念の写真をとって見たいんです。大阪はもう飽きました。関西弁の全くないところに行きたい!!

  13. めろりーな関東支部長 より:

    あまりにもカックイイPV!
    感激のあまり不覚にも涙してしまいました(汗)

  14. 松田昌彦 より:

    俺の詳細な計画が決まりつつあります。

    まず金曜日、仕事を全力で頑張り何事もないかの体で帰宅。帰宅後、何故か単車にETC装着開始。なんなんだ一体!の声を無視し、突然走り出すST250のE。東の方向へ人間の限界まで単車を走らせ、限界地点で単車を止める。回復を待ち、さらに走る。そして走る。気がつくとそこに、見た事もない、金剛山よりデカイ山が。それが、冨士。「うおおおおおおおおおっ!!アホかあああああああっ!!」と奇声を発しながら冨士に体当たりする方向に爆走。キャンプ場でテント設営完了の瞬間、一番絞りで水分補給。睡眠。

    現在、このスケジュールで僕は予定しております

  15. うぉ~行きてぇ~
    21日は仕事だから行くとしたら22日の夜か・・・
    その前の週は南信州キャンプの予定。嫁さんに怒られそうだけどなんとかせねば。

    神奈川だけど家からは富士山見えないから月2回は富士方面行ってるけど夏はなかなか見えないんですよ。
    山頂まで綺麗に晴れるといいですね!

  16. 旧中山道 より:

    行きます\(^o^)/

    たぶん… きっと…
    雨降らなかったら…

  17. 松田昌彦 より:

    マジすかーーーーーーっ!
    富士山バックに、わけのわからん集合記念写真をみんなでとろうではありませんかっ!

  18. 松田昌彦 より:

    ミドリガメさんはですね、九月の間だけ超絶不良宣言をすればいいのですよ!女子は男に、危険な香りを求めている!そうに違いない!と自分に言い聞かせ妙な男気、アドレナリンを出してあえてブッチぎるんです!二週連続キャンプの落とし前は、全力謝罪で何とかして下さい。

    僕はいつも、その手を使って失敗しています

  19. 松田昌彦 より:

    「みんなどこ?」いう無料位置情報アプリがあります。
    これはキーワードを入れるとそのおんなじキーワードを入れてる人がどこにいるかわかるという奴で、ラチチュードのように登録不要です。

    当日のキーワードをここに記しておきますのでご活用くださいませ。ガス欠で立ち往生しているYBR125を助けに行く時、あるいは某警察署に松田昌彦やKZシン氏のガラ受けにいってくださる時などに便利なはずです。

    アンドロイドもアイポンもどっちのもあります。
    ただしアンドロイドのはナビつきみんなどこ?も有ります。
    ええなあ…

    富士山ミーティング時のキーワード

    melorina2mtfuji

    要するに、「めろりーな2マウント冨士」です。

    明日、9月4日は外出が多いので「みんなどこ?」を試して見ます。明日は大阪府堺市あたりでうろついているはずで御座います。よろしく実験くださいませ

  20. SUZURO より:

    諸般の事情により、欠席いたします。
    申し訳ありません。。。。

    残念であります

  21. 松田昌彦 より:

    怪しげな写真やありえない動画、Googleたすレポートなどを駆使し、現場の超絶ナマの空気を無理繰りお伝えしますので、なんとなく行った様な気持ちになったという参加方法で勝負して下さい。かくなる上は諸般の事情の方に全力を尽くしその片手間、走る我々を見守っていて下さいませ。俺は現在、ゼニの算段をつけるべく某女と交渉中!

  22. ワタコー より:

    スズロー氏残念だ。
    代わりに仇を討ってくる。
    青函連絡船で寝て、青森で朝風呂に入り、青森から24時間かけて下道を走って帰ってきた実績がある。
    富士山まで片道2日もあるので今のところ余裕だ。
    テントはCサイトでいいか

  23. 松田昌彦 より:

    なんだそれは!そんなAとかCとかあるのか??野宿にも一等席二等席があるのか!?ま、俺はグリーン席とかビジネスクラスとかエコノミーの呼称をやめ、一等、二等、三等復活推進派やからええけどな。

    iPhoneもみろ!一等二等がわかれたぞ。あれでいい

  24. 松田昌彦 より:

    ヘッドライトをつけて夜の10時半にオイル交換と洗車をしました。あんまりない光景だったと思います。明日はチェーンを張って、点火プラグをサラにします。高速道路爆走に備え、高いプラグを買いに行くつもりです。遠出をするのでいつになく準備を早くからはじめている俺。わかった事は、準備の楽しさ。あと、ST250乗りはじめて一万キロ越え、プラグ替えるの忘れてた…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です