アーカイブ: 2013年 7月

テナガエビとゆかいな仲間たち(めろりーな007)

 

melo007

ある時期の色々なラブホが勝手にホテルエンペラーを名乗ったのと同様、

我々は勝手に「俺は、私はめろりーなだ」と名乗ってもいい事になっており、

この点、信教信条の自由という憲法を有難く思っている。とてもよい国なのだ。

 

アメリカ人に教えてもらった、迷惑をかけなければなんでもありルールの元、

俺は自由を楽しもうとキャンプを思いつき、

わたこお氏に「キャンプに行こう」と電子メールを送った。

めろりーな2ー7をやろうとした。

 

一ヶ月ほど前、ホームセンターコーナンで買った投げ売り1,480円テントが

玄関に置きっ放しになっており、平成25年七月某日どうにも我慢出来なくなったのだ。

 

テントを張って中で寝たい、1,480円のテントの実力を試してみたかった。

 

近場でよかった。

フラッと出かけて、フワッとテントを立てて、ビールを飲んで野宿出来ればよかった。

身体的特徴を見るに、俺の先祖はおそらく南の島から舟をこいで日本に来たというよりは、

大陸で遊牧をしていただろうから、

そこのところのDNAのたぎりをちょこっと鎮めてやればそれでよかったのだ。

それくらいの気持ちでわたこおに、行くけどいくか?と電子メールした。

 

俺のそんなつもりを全く察することなく、わたこお氏はまもなく目的地を指定してきた。

松阪のなんたら海岸にこいという。

 

寝てない身体にキツいなと思いつつ、過去最速の早さでキャンプの準備をし、

ETCとGoogleラチチュードにモノを云わせ、松阪の海辺でわたこお氏と合流したのが、午後3時だった。

 

わたこお氏はつくなり、「ヘビーな夜がくるから眠れ」という。

眠れと言われて眠れるものではない。結局眠らずビールを飲んで有る事無い事二時間ばかりしゃべり続けた。

007漁の前の食事

 

 

夜。漁が急に始まった。何が起きるのか実際よくわからなかったが、漁が始まった。

わたこお氏の意味のわからない段取りでとにかく始まった。

 

そして、夢中でテナガエビ(上記イラスト参照)を追っていて足を滑らせ、

俺は、俺とわたこお氏は、伊勢湾に滑落した。

 

時刻に問題がある。

午前0時。月明かりというのは思った以上に明るいもので、あたりの様子は意外に見えていた。

 

いざという時のとっさの判断、勇気を試された今回の伊勢湾落下だが残念な事に結果は、

俺はおもっきりのペケであった。

 

滑り落ちるとき、わたこお氏はテナガエビ網の柄を俺に出してくれた。俺はつかまる。

引き上げてもらう為に。

ところが、コンクリートについた水苔というか海綿生物というかは、こいつらが俺たちを徹底的に滑らせた。

踏ん張りがきかんのだ。

 

わたこおはズルズルと俺の体重に引っ張られる。

わたこおが叫ぶ「はなせ!はなせ!」と。

俺は放さなかった。放せなかった。

放せば真夜中の伊勢湾に落下だ。絶対イヤだ。

俺は、仲間を助ける為自らのザイルをナイフで切り落とさない方のロッククライマーだった。

網の柄を放さなかった為、わたこお氏は俺もろとも海に飲み込まれた。

 

俺たちは、平泳ぎをしていた。

何故か。それは、そうしないと溺れてしまうからだ。ただ、それだけの事だ。

しかしその時の俺が考えていた事はなんたる事だろう、

胸ポケットに入っていたNO防水ケースiPhoneの5の濡れ具合だった。

 

なにしろ、そのiPhone5には、ヘッドライトに照らされピンク色に輝くその両眼を目印に

俺が華麗なる網さばきで巨大テナガエビをすくいあげる興奮のライブ映像や、

アップ絶対不可のわたこお氏との暴走飲み会様子などが、二時間以上分も収録されていたからだ。

8秒くらいたって、さすがに俺も諦めた。

なにしろ、ノーガード状態で平泳ぎをしているのだ。iPhone5は諦めた。

 

諦めたら次は、俺たちは生きねばならなかった。

命の危険に明らかにさらされている緊迫の瞬間なのだが、蒸し暑さはなくなり、俺たちは笑い続けた。

笑うしかなかったのだ。

昨日の朝4時に起きて日勤、その日当直で一晩中眠らず、明けに走り始め、

伊勢湾で日付がまた次に替わった状態でもまだ寝床におらず、着衣水泳をしているのだから。

笑わずにおられなかった。

テナガエビ漁の何時間か前、某所にてテナガエビの唐揚げを頂き、

そのヤバ美味さを知ってしまった事と、完全睡眠不足から来る覚醒ハイもあり、

俺の漁には身が入っていた。それが俺に、ヤバい領域まで足を出させた理由だろう。

 

夜の汽水を一見優雅に流れながら、俺は考えた。

「放せ」と叫んだわたこおは、よく考えてみれば、わたこお自身が柄を放せば、

俺の巻き添えを喰わずにすんだではないかと。仲間を引きずりながら柄を放さず、

地獄の底まで道連れにした俺と、自分が放せば助かったのにそれでも放さなかったわたこお氏との男の差を。

そうは考えたが、真夜中の汽水は、胸にiPhone5は入っていたがそれでも何故か、気色よかった。

わたこお氏のガラパゴス携帯は電源を入れていないのに塩分で通電、キーが妖しく赤白に光り、死亡。

だが、アローズスマホは汽水サバイバル着衣水泳をものともせず、ノーダメージ。

防水の素晴らしさを俺は目の当たりにした。

 

俺は、(今度のiPhoneはたかもんのヘビーなケースを付けよう)と心に誓い、1,480円テントでついに眠る。

1,480円のテントの評価は、俺が死んだように眠っていたため正確には下せないが、

多分、こいつはなんの問題も素晴らしいテントだ。軽さ、建てやすさ、

ほぼ完璧のコーナン大傑作テントとして、まあ、なんとなくだがいいだろう。今のところ。

 

翌早朝、STを全開させ二時間半で帰宅し、汽車に乗りかえ心斎橋に向かった。

大混雑のAppleで新しいiPhone5を手にしたのは夕方5時だった。

その時俺は、(これはきっと大事にしよう。優しく扱おう。しかしなんだ、今日という日も何という日だ…、

今日の始まり、俺は伊勢湾を生きる為に泳いでいた…、

なのに今、俺は御堂筋を、心斎橋筋を、人の波を泳ぎ歩いている)と。

めろりーな鋼鉄の掟〝死亡禁止〟を守ってよかったと俺は心からそう思った。

何事もなかった様に、翌日も出勤した。

 

仕事から帰ってくると、わたこお氏からハマグリが直送されていた。

007はまぐり その1

 

007はまぐり その2

あり得ない量、サイズのハマグリにシビれきったが、それよりなによりシビれたのは伊勢湾落下、

生還をなかったかのようにもう一泊し、テナガエビリベンジに加えてハマグリ漁にまで出掛けた

わたこお氏の海浜民族エナジーにだった

 

彼を超人視するのはよそうと常々思っているけれども、超人なのはこれはどうも間違いないので、

俺としては仕方無くもそうするより仕方が無い

 

最後にツーリングに役立つ情報を。

帰りのルートは高見トンネルを抜けて走るコースをとった。

これは相変わらず、オートバイには最高の素晴らしいコースだ。

国道166だったか、これは本当にいい。

めろりーな南大阪支部会員番号0032松田昌彦、超絶おすすめしたい

( 4 )

石清水八幡宮(めろりーなX)

石清水八幡宮に行ってきました。

 

 

私は石清水八幡宮というと、京阪・八幡市駅からケーブルカーか歩いて登るという参拝ルートしか

ないと思っていました。

 

しかし、グーグル・マップで石清水八幡宮をアップにして見ると、

P(駐車場)のマークがあることが確認できます。

 

今回は時間に制限があるため、このPを利用することにしました。

 

このPに向かうためには民家の中をクネクネと抜けていく必要があります。

爆音改造した単車や、群れで訪れると近隣の方々に迷惑をかけてしまうので注意してください。

 

石清水八幡宮の公式サイトにも、このPのことは紹介されていません。

おそらく混雑するとご近所に迷惑をかけることになるため、書かれていないのだと思います。

 

しかも、このPを利用すると、本殿の近くにあっさりと着いてしまいます。

参拝にキター!という盛り上がりにも欠けてしまうことになります。

このことも合わせて注意してください。

 

どうしても時間がないけど参拝したいというときだけ、

まずは八幡市立橋本小学校を目指し、その辺りからグネグネっと走って、このPに向かってみてください。

(詳細はグーグル・マップをご確認ください)

 

 

 

上述の通り、2013年7月20日、

めろりーな自転車部」で清水寺を訪れたときの再現になるのではないかとビクビクしながら、

グーグル・マップの白い道を信じて、住宅街をグネグネ抜けて石清水八幡宮に行ってきました。

朝の神社は清々しく、落ち着いて参拝することができました。

石清水八幡宮

 

いつの日か、下の駐車場に単車を停め、歩いて参拝するという企画をやりたいと思います。

それでもやっぱり早朝がいいですね。

南大和ツーリング(めろりーな006)

南大和をぷらっと走ってきました。

 

休憩しながらしゃべっている時間が結構長い『めろりーな』ですが、今回はひどい。

『9割休憩』でした。

 

これをツーリングと言っていいのか?

しかも、走っている時間のほとんどがスコール状態のため、写真は1枚のみ。

 

記録として残しておく必要があるのか?

 

そんな思いがよぎりつつ、

ま、こんな会もあって良いでしょう。おもろかったし、問題なし。

ということにしておきます。

 

【集合:ローソン五條インター店】

ローソン 五條インターで集合

この集合直後から激しい雨が降り始め、途中商店の前の屋根で雨宿りしながら、五條市某所へ。。。

 

 

【五條市某所にてめろりーな拡大会議】

五條某所では、Y様にいろいろお世話になりました。

毎度毎度申し訳ありません。ありがとうございます。

 

 

【県道49-R309】

途中から、スコール。

濡れた身体でトンネルを通ると涼しいくらいでした。

 

 

【天河大辨財天社にてお参り&天川村某所で宴会】

我々はノンアルコールビールとお茶、他の方はお酒で宴会。

長居してしまいまして、申し訳ありません。。。

 

 

【帰路】

R309-「道の駅 黒滝であまりにも雨がきついので雨宿り」ー解散

 

 

 

めろりーな007はもっとツーリングらしいことをしよう。

そう思います。